一回分かち合ってパテック・フィリップに腕時計のバンドの過程をかえます

以前は友達と日本に旅行する時を行って、免税店の中で前兆を示して少しも【PATEKPHILIPPE】を切ってひとつ入門しません。外観がきれいで、灰色常に好きです。
しかし、恐らく同じくちょうど入門するためです、同じくあまり注意しないで習慣を使って、原本のとてもすばらしいワニの皮バンドは1年半がの正常に使うまで(に)で(をおりて実はまだ着かないで、冬服が袖口があるのでつけないで、ふだんも服装の風格を見て、毎日)をつけるのではなくて、しかし輸入完成品の腕時計のバンドはなんとこんなに不完全になりました……不完全になりました……そのために私自身はすべて悲惨で見ていられないと感じます。。
そこで自分は腕時計のバンドをかえたくて、初めは一つの手作業の腕時計のバンドが見つかって赤色のを注文して作らせて、1会は感光させます。おととい新しい腕時計のバンドは着きました。それから針はなくなって、昨日PATEKPHILIPPEの店の中で買って早く針をはずしに行って、先にみんなに見てみます

f:id:saebiy:20170320184601p:plain

f:id:saebiy:20170320184608p:plain